宝くじの当選確率を上げるための風水

宝くじの当選確率を上げるための風水

宝くじを当てたいというのは誰しも持っている願望です。しかし、実際の当選確率というのは非常に低いです。しかし、その確率を上げる方法として金運の向上はよく用いられます。この記事では宝くじの当選確率を上げる方法を紹介します。

玄関と金運の関係について

風水では玄関が最も大切な場所とされています。その理由は人の出入りだけでなく、玄関は運の入り口ともされているからです。風水には旺気(おうき)と呼ばれる気が存在します。この気は良い気とされており、玄関から家の中に入り、窓から抜けていくとされています。特に旺気は仕事運や財運に効果を出すとされています。そのため、宝くじを当選させたいのであればこの旺気を呼び込むことが大切です。玄関で旺気を取り入れるために必要なこととして掃除は欠かせません。旺気に限らず、良い気は清潔な場所を好みます。そのため、汚い場所や散らかっている場所には気が集まりません。それどころか汚い場所や散らかっている場所は悪い気を集めてしまうので、宝くじの当選確率を下げてしまうと言えます。

玄関の掃除方法について

玄関のドアや壁といったホコリは徹底的に取り除くようにしましょう。また水拭きも行い、清潔感を保つようにしましょう。特に玄関のタイルは泥などで汚れてしまいます。そのため、モップやメラニン樹脂を用いたスポンジを使用することで綺麗に掃除することができます。また玄関に大量の靴があることも良くないとされています。脱ぎっぱなしの靴や普段履かない靴はしっかりと下駄箱に収納するようにしましょう。靴と同様に日常に必要のないものが雑然と置いていることも運気の低下に繋がってしまいます。よって置き場所を変えるか捨てるといった手段で玄関に余計な物を置かないことが旺気を家に呼び寄せるのに大切なことです。

玄関に鏡を置くことによって金運が上がる

玄関に鏡を置くことによって金運が上がるとされています。多くの旺気を家に入れることが金運上昇に大切なことなので、家を購入する際にはできるだけ広い玄関がある家を選択しましょう。そして鏡は反射するものなので、玄関をより広く見せることが可能になります。これによって、より多くの旺気を家に取り込むことができるとされています。玄関の鏡の置き場所は大きく分けて2通り存在します。1つ目が玄関の右側に鏡を置くということです。これにより仕事運が向上するとされます。反対に玄関の左側に置くと金運が向上するとされます。どちらも総じて金運が上がるため、好きな方に置くと良いでしょう。しかし、注意点も存在します。それは「玄関の正面に鏡を置いてはいけない」「左右両方においてはいけない」という2点です。正面に鏡を置いてしまうと旺気が跳ね返ってしまい、家の外へと出てしまいます。また、左右両方に置いてしまうと合わせ鏡になってしまいます。

宝くじを購入後に行うこと

宝くじ売り場で宝くじを購入します。その後、すぐに行うことがあります。それは「袋から取り出す」ということです。なぜなら、宝くじの袋はビニールでできているので、風水的に「火」の気を意味します。火の気はおお金を燃やすとされています。そのため購入後、すぐにビニール袋から取り出し、黄色の布や財布にしまうことをお勧めします。

風水  風水