風水の金運の上げるための工夫

風水の金運の上げるための工夫

西に黄色い物を置く

宝くじの当選者の多くは西日本(特に九州地方)で券を購入すると当選すると語っています。これは経験談ではなく、西の方角には金運の神様が存在するとされているからです。そのため、宝くじを複数回当選している方は西日本の購入口が西を向いているお店で買う人が多いようです。つまり金運は西からやってきます。その金運を自分の方に寄せるためにも西方向にお金が寄りやすいとされている黄色の置物を置くことによって金運は上昇するとされています。黄色い物とありますが、基本的に何でもよいとされています。ただし、食べ物を置く場合、腐らせないようにしましょう。また置物を選択する際、ホコリや汚れがないように定期的に掃除を行うようにしましょう。

呼び寄せた金運は北で貯まる

西から金運が寄ってくるというのは上記の通りです。そして、呼び寄せたお金を貯めるために北の方角に白を飾るようにしましょう。この白を飾ることによって貯蓄運が上昇すると言われています。また通帳もセットで北側に置くようにしましょう。この時、通帳は暗い場所に保管するようにしましょう。お金は明るい場所を嫌い、暗い場所を好むとされています。そして暗い場所に置くことによってお金が増えるとされています。西の金運を上げるだけでなく、北もしっかりと対策を行いましょう。

財布を定期的に買い換える

上記で通帳に関係する風水を少し記述しました。ここで財布に関係する風水にも触れておきます。財布もお金に深く関係のある代物です。ここにも金運を上げるポイントが存在しています。まず、長期間同じ財布を使うことは避けましょう。風水においては二年周期で財布を買い換えることが吉とされています。これは二年を境に財布の金運が低下するとされているからです。より金運を継続させたいのであれば、毎年新しいものにする方が良いとされています。また、財布には大きく分けて2種類存在します。「折りたたみ」と「長財布」です。金運をよくするためにも長財布をチョイスするようにしましょう。また折りたたみと長財布のどちらにも共通することですが、財布内にレシートを貯めないようにしましょう。レシートでパンパンに膨れ上がった財布に金運の上昇は見込めません。これは運気が汚く狭い場所を嫌うとされているからです。よって財布内の整理整頓は徹底的に行いましょう。

トイレを清潔に保つ

トイレと金運は深い関係があります。しかし、多くの人は信じることをしません。ですが、これにはしっかりとした根拠が存在します。それは水周りには水の気という気が存在します。風水では、この水の気というのが金運と深く関係があるとされています。そのためキッチンや浴室、トイレを清潔に保つことによってお金が舞い込みやすくなるとされています。また、知名度は低いですがトイレには烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)と呼ばれている神様が存在しているとされています。この神様は財運を司る神様です。これらの理由から水周りの掃除は怠らないようにしましょう。また、トイレの掃除を日常的に行うと金運が上がりますが、同時にトイレのフタを閉めることも日常的に行うようにしましょう。これは開けっ放しの状態だと陰の気が溜まりやすいとされているからです。

風水  風水