寝室を風水で整えて運気を上げる

寝室を風水で整えて運気を上げる

風水は自分の環境によって運気が左右されると考えられています。その影響を与える環境の中でも重要とされているのが寝室です。

なぜなら、風水では寝ている間に運気の基礎を作っていると考えます。寝方の上手な人ほど運気が上がるともいわれています。風水=「寝床学」といっても過言ではありません。それほど睡眠、寝室は大切なのです。

枕の方角

日本では古来より北枕は人が亡くなったときにする縁起が悪い枕の方角といわれ忌み嫌われてきました。あえて北枕を避けている方も多いでしょう。しかし、風水で一番おすすめしている枕の方角は北枕なのです。

昔、お釈迦様が入滅されたとき「北枕」であったといわれています。そこから人が亡くなったときの枕は北枕になったといいう説もあります。

しかし、インドでも北枕というのは最上の枕の方角で、入滅されたお釈迦様に最高の北枕を施したと思われます。

実際、北枕で寝ると地球の磁力の関係で健康にも良いそうで、ぐっすりお休みになれます。

そんな素晴らしい北枕は生きている間にぜひ使いましょう。

それでもどうしても北枕は気が進まない方には、あまり北枕はおすすめしません。「気」が乗らないことをしても、その方にとっては「気」が巡りにくくなるからです。文字通り、「気に入(い)らない」ことをしても「気が入(はい)らない」のです。

そんな方におすすめなのは東枕です。東は太陽が昇る方角です。そちらを頭にして寝ることで太陽の気を受けやすくなるのでおすすめです。また、早起きの方角ともいわれているので朝起きるのが苦手な方にはいいでしょう。

寝室の位置について

風水でおすすめの寝室の位置は家の中心から見て決めます。

その家の主人、または夫婦の寝室としては北西側に取るといいでしょう。

そちらに寝室をとることで家の主人の運気が上がり、仕事での出世や金運なども上がっていくでしょう。

長男は東の寝室がおすすめです。東で男子が育つと立派な跡取りになるといわれています。

女のお子さんは東南に寝室をとることで将来幸せな結婚ができるでしょう。また子供時代も多くの友人に恵まれやすくなります。

夫婦別寝室の場合は奥様は南西がおすすめです。家庭を上手に切り盛りし、家庭運が上がっていくでしょう。

寝室の環境について

運気の基礎を築く睡眠時間はとても大切です。睡眠をとる寝室の環境によって運気が大きく左右されます。

第一に大切なのは掃除です。どんなに風水的に良いインテリアで整えても、掃除が行き届かず、ホコリだらけであったり、脱いだ服が散乱していては逆効果になります。整った清潔感のある環境を作りましょう。

寝具は綿やシルクなどの天然の素材がおすすです。化学繊維は風水では「火」になります。ゆっくり休むときに使用するものとしてはあまりおすすめしません。パジャマやシーツなど特に直に体に触れるものは天然のものを使うといいでしょう。

寝るときは真っ暗にしてる方も多いと思いますが、少しだけ光を残しておくといいでしょう。寝室を風水的に良い環境に整えても真っ暗な空間では「気」の動きが止まってしまいます。寝ている間に「旺気」を吸収するには光が必要です。フットライトでも大丈夫なので明かりを少し残しておくようにしましょう。

風水  風水