風水にとっての家の環境

風水にとっての家の環境

風水にとっての家の意味

風水は環境を整えることによって運気を上げる「環境開運学」といわれています。

その環境とは衣食住のほかにも、見るもの、聞くもの、接する人々様々なことが含まれます。それでも一番影響を与えるのは家の環境といえるでしょう。その家を風水で整えることで大きく運気を変えることができるのです。

仕事が忙しくて家で過ごす時間が少ない方もいらっしゃると思いますが、それでも自分のベースとなるところは家なのです。自分の寝る場所、それがベースになります。寝る場所が定まらないのは運気も安定しません。風水は「寝床学」ともいわれています。寝る場所、家を大切にしましょう。

家の環境が自分の運気です。片付いていない、ホコリだらけの家に住んでいる方はそういう運気なのです。そのような家に住んでいる場合、まずは片付けて、掃除をするだけでも運気は上がっていくでしょう。

ゆったりとくつろげる家を意識して作っていきましょう。

また、家の環境とは家の外の環境も大切です。今回は家の外の環境についてご紹介します。

家の立地

家はやはり南側に道路があるといいでしょう。太陽の日がたくさん入る家は「旺気」が入り込みやすく運気が上がります。

道路での注意点は、道路がカーブしている場合、カーブの外側は「煞気」が入り込みやすくおすすめしません。その反対にカーブの内側の土地の方は運気が上がります。

T字路の突き当りの家も「煞気」が入り込みやすい場所なのでおすすめしません。

家の玄関を開けて目の前にどんな環境があるかもとても大切です。風水的にいい環境とそうでない環境ではその家の受ける「気」が大きく変わってきます。もちろん風水的に良い環境、例えば、公園などがある場合は運気が良い家ということになります。

高層マンションも注意が必要です。周りより飛びぬけて高い建物に住んでいると孤立しやすくなります。また大地の「気」が足りなくなりますので、鉢植えの植物を部屋に置くといいでしょう。

家の形状

家は欠けや張りなどのない四角形が理想的です。風水では八方位に様々な意味があります。そのすべての方位の恩恵を受けるには欠けや張りがないのが良いです。欠けがある場合はその方位の運気が弱くなります。張りがある場合はその方位の意味が悪い意味で強調されやすいです。

欠けや張りがある場合には観葉植物や植木などを使って対処するのが一番簡単にできる方法でしょう。欠けや張りのある部分に室内なら観葉植物をならべたり、庭があるなら外に植木を施すのもいいでしょう。

家の1階に駐車場があって2階の方が大きい家がありますがあまりおすすめしません。上が大きく、下が小さい形状は安定していないからです。実際に家が安定していないわけではありませんが運気的には大地にしっかりついていない、空中に浮いている部分があるということで安定しません。可能ならリフォームをした方がいいでしょう。

まとめ

風水では家の環境というと中のインテリアを気にする方が多いですが、外から受ける影響も大きいのです。すでに家がある方は、可能な限り対処することで改善されるでしょう。その際は観葉植物や植木が利用しやすいです。気になる部分に施してみるのがおすすめです。これから家を探す方は家の中だけではなく、周りの環境もしっかりとチェックするといいでしょう。

風水  風水