風水で子供を授かりたい

風水で子供を授かりたい

可愛い子供が欲しい。結婚しても数年たつけれどもなかなか子供ができず、早く子供が欲しい。2人目がなかなか授からないなど子宝に関しては様々な悩みをお持ちの方がいらっしゃると思います。前向きな気持ちで風水にチャレンジしてみるのもおすすめです。風水で環境を整えることで「気」の流れが変わり、体の中の気の流れも良くなります。

子宝に恵まれるインテリア

子宝に恵まれるにはまず寝室を見直しましょう。寝室は家の北側がおすすめです。男の子が欲しい場合は東枕、女の子が欲しい場合は南枕で寝るといいといわれています。風水では南枕はあまりおすすめしていませんので、子供が授かったら枕は北枕または東枕に戻しましょう。ベッドファブリックはピンクやオレンジがいいでしょう。色は濃いものではなく淡いものにしてください。寒色系はおすすめしません。「陰」の色なので体が冷えやすくなります。枕元にはランプシェードのついたスタンドを一対置いてください。床はフローリングがおすすめです。また、ベッドも木製のものをおすすめします。黒いベッドやパイプベッドは子宝を望む方には向いていません。ご主人の物は北西に、奥様の物は南西に収納するようにしましょう。古来より「ザクロ」は子宝に効果があるといわれています。風水でも「ザクロ」の木を寝室に置くことをおすすめしています。「桃」も同じようにおすすめです。手に入りにくいようでしたら絵や写真でも効果はあります。また、黄色い実のなる木もおすすめです。子宝を望む場合は花を飾るより実のなるものを飾るほうがいいでしょう。観葉植物なら丸い葉のものがおすすめです。西や南西に飾るといいでしょう。

子宝を望む寝室は明るく清潔でなければいけません。朝はカーテンを開け、風通しを良くしましょう。シーツなどベッドファブリックはこまめに変えましょう。布団もこまめに太陽に干しましょう。「良い気」に満ちた寝室は子宝に恵まれやすくなります。

玄関を整えましょう

家の中の「気」の入口は玄関です。そこから生き生きとした「良い気」がたくさん入ってくることでそこに住む人に良い影響を与えます。まずは、風水の基本である整理・整頓・清潔を心掛けましょう。これは玄関だけにいえることではないですが、特に玄関は大事です。さらに「良い気」を引き込むために生花を飾りましょう。また観葉植物もおすすです。植物は「気」を引き込むアイテムですが、私たちに生気を与えてくれるものでもあります。子どもを授かるということは生命を宿すということです。それには「生気」を得るということはとても有効です。そういう意味でも玄関には植物を飾りましょう。サボテンはおすすめしません。特にとげのあるものは逆に「煞気」という「悪い気」を発します。

玄関マットを敷きましょう。「悪い気」が入るのを防いでくれます。普段は玄関の方位に合ったものを敷くのがいいですが、子宝を望んでいるときはオレンジやピンクなどで暖かみのあるものが効果的です。

子宝風水の注意点

生命力(生気)を得るために観葉植物や生花を飾ることをおすすめしていますが、枯れたものをそのまま置いておくのはやめましょう。枯れたものは「ケガレ」になり、その環境の「気」が悪くなっていきます。ドライフラワーも花が枯れたものと風水では考えます。

植物の管理も怠らないようにしましょう。

風水  風水