風水を使って運気UP!家具の正しい置き方とは?

風水を使って運気UP!家具の正しい置き方とは?

風水と家具の置き方

風水とは、今から約4千年も前に中国で生まれたものです。
当時から、気の流れを大切にし、身の回りの物の位置や色、方向など、自分に影響を与える環境を利用して、運気を上げるために使われていました。
風水を使えば、身近なもので運気を切り開くことが出来るのです。
しかし、ただ物を置いているだけでは運気は開きません。運が良くないと思う人は、まずは家具の位置だけでも動かしてみましょう。それだけで、滞っていた運が流れやすくなります。

家具の正しい置き方

・ベッドの置き方
寝室の扉を開けて、正面にベッドがあるのはいけません。また、窓に置くのもおすすめ出来ません。
どちらも気の流れを強く感じてしまうため、健康面で影響が出てしまいます。
扉を開けて正面にベッドがある場合は、頭の位置と足の位置を変えるだけでは解決になりません。
移動させるか、難しい場合にはパーテーションのようなもので挟むと良いでしょう。
窓際の場合は、冷気や騒音なども感じてしまい、しっかりと眠れないことも考えられます。
ベッドは壁際につくよう移動してください。全部を壁際にできない場合は、頭になる部分だけでも壁際へ変えましょう。

・テレビの置き方
風水では、東は日が昇る方向として吉となる方向と言われています。
そのため、やる気が高まり、仕事運、金運も上昇しやすいと考えられています。
そのため、テレビは、家の真ん中に当たる位置から東に当たる場所へ置きましょう。
ただし、テレビ(パソコンも含む)は、電磁波を出しているというように言われているため、寝室などには置かないようすると、さらに良いでしょう。

・鏡の置き方
鏡の場合は、置く場所によって位置が変わってきます。
普段なんとなく置いてある鏡ですが、風水では、運気を上げることも、運気を逃がしてしまうことも出来るアイテムです。
玄関に鏡を置いている人は、入って右手に鏡があるようにしましょう。入ってすぐ、真正面に鏡があると、良い運気を跳ね返してしまうので注意しましょう。
お手洗いも同じで、入ってすぐ、真正面に鏡があると、良い運気を跳ね返してしまいます。
寝室の場合は、基本的に鏡を置くことはやめましょう。自分に吸収されるべき良い運気を、鏡の自分も吸い取ってしまうと言われています。

・観葉植物の置き方
風水で、観葉植物を置くのはなんとなく良さそう、というぼんやりとしたイメージをお持ちの方は多いです。
イメージのとおり、観葉植物は、運気をさらにアップするのに欠かせないアイテムと言えます。
しかし、取り扱い次第では、逆に運気を下げてしまうこともあります。
例えば、玄関は良い雲気が入ってくる入り口になっています。しかし、日の光の入りにくい玄関に観葉植物を置いてもあまり意味が無いか、枯れてしまい、マイナス効果になってしまう場合があります。
他にも、キッチンには大きな観葉植物の方が人間関係の運気が上がる、徒も言われているので、場所によって何を選ぶことも大切にしてください。
造花など、自然でないものは、運気に変化が無く、自然の植物でもほこりがかぶっていたり、枯れていたりすればマイナスになってしまうので、観葉植物のお手入れも気をつけて行いましょう。

風水  風水