風水で良い間取りに!運気アップする居間・リビングの間取りとは?

風水で良い間取りに!運気アップする居間・リビングの間取りとは?

良い間取りの家とは

新築やリフォーム、住み替えの際、風水を取り入れて、運気をアップさせる間取りの家にしましょう。
しかし、狭い日本の住宅事情では、風水に従って良い間取りの家を作ることは、なかなか難しいものがあります。
風水を参考に、可能な範囲で間取りを考えるようにしましょう。
住みやすい環境に整えることが、風水では運気アップにつながります。
間取りのポイントは「陽の気」をなるべく取り入れるようにすること。
自然光が入り、風通しが良いことが基本となります。
陽の気が流れる家は、明るい印象となり、そこに住む家族も明るく楽しい家庭を築くことができます。
自然光を取り入れることが難しい場合は、照明を工夫して明るさを演出しましょう。
間取りが悪くても、インテリアや色などに風水を取り入れて、運気アップする家にすることも可能なのです。

リビングの良い間取り

家族全員が集まるリビングは、家族にとっての憩いの場です。
そして、お客様を迎えてくつろぐ場でもあります。
リビングには、自然光がたくさん入り風通しが良く、明るく居心地の良い環境を整えましょう。
明るく空気の良い環境は、良い気が入りやすく運気がアップします。
天井が高いリビングも圧迫感がなく、家族団らんには効果的。
居心地の良いリビングには、自然と家族が集まり会話も弾み、家族の絆も深まります。
日当たりの良い、南側にリビングがある間取りが良いでしょう。
南は「火」の気が強いので「水」の気とは、あまり相性が良くありません。
花瓶や水槽など、水の入ったものは避け、観葉植物や鏡を置くと運気アップに効果的。
団結力のある家族になる良い気が流れてきます。
東側のリビングは、朝日を浴びることができます。
朝日を浴びることは、生命力にあふれ若々しさを保つために効果的。
明るく元気な家庭を築くことができます。

リビングには開運アイテムを

リビングに飾る、時計や写真フレームなどは、丸い形のアイテムを飾りましょう。
丸い形である円は、良い縁を招くと考えられ、家族の和やかな関係を築くために役立つ形です。
また、人間関係を良好にする運気も上がり、対人関係や仕事運でも良いご縁を導いてくれるでしょう。
人付き合いも上手になるので、来客の多いにぎやかなリビングになり、明るく楽しい家庭を築くことができます。
リビングに飾る写真は、家族写真が適しています。
家族の共有スペースなので、個人の私物は置かずに家族の共有のものを置くようにしましょう。
家族の雰囲気も和やかになり、家庭運もアップします。
リビングに物を置き過ぎると、気のバランスが乱れやすくなるので注意しましょう。
照明器具も、落ち着きのある明るさの物を選び、家族が過ごしやすい空間を演出しましょう。

リビングの悪い間取り

リビングに向いていないのは、北側。
日当たりが悪く、寒くなりがちなので、家族がバラバラになりやすく不和が起こる可能性も。
また、北は「水」気が強く冷えやすい傾向にあるので、インテリアやカーテンなどに明るい暖色系のカラーを用いて温かみのある環境に整えましょう。
特に、リビングが散らかっていたり汚れていたりすると、悪い気を招きやすくなります。
常に整理整頓や掃除を心掛けるようにしましょう。

風水  風水