風水の効果で運気アップする部屋に!部屋の掃除と捨てる効果とは

風水の効果で運気アップする部屋に!部屋の掃除と捨てる効果とは

部屋を掃除する効果

掃除や換気は、風水では大切な要素です。
どんなに間取りの良い家に住んでいても、家の中が汚れていたり、物が散乱していたり、ジメジメとしている環境では、運気は落ちてしまいます。
汚い家には悪い気がたまりやすく、良い気が流れてきません。
家が大きく部屋がたくさんあるだけが良い家なのではなく、快適で暮らしやすい空間であることが良い家なのです。
暮らしやすい環境を整え、快適に過ごせる家を保つことが、運気アップにつながります。
掃除をするという行いだけでも、良い気を取り入れることができます。
掃除をしている時は、部屋がキレイになっていく様子に気分も良くなることでしょう。
この気分よく過ごすということが、風水ではとても大切なこと。
それだけで、良い気を招きやすくなり、運気がどんどんアップするのです。
そして、キレイになった部屋には良い気も集まりやすくなります。
日頃からキレイな部屋を保つことにより、更に運気はアップし続けるのです。

部屋を整理整頓して運気アップ

住んでいる年月が長くなるほど、家には物も増えていきます。
キレイに整頓された「見せる収納」ならば問題ありませんが、出しっぱなしの散らかった部屋では、運気がダウンしてしまいます。
床に物を出しっぱなしの部屋はNGです。
物がたくさん床に散乱していると、いざ掃除をしようにも、まずは片付けから始めなくてはなりません。
掃除が苦手の多くの人は、この作業でうんざりしてしまうのです。
常に床に物がなく、片付いている状態ならば、掃除機を出してきてかけるだけという手軽さ。
掃除が楽になり、好きになるはずです。
風水では、掃除は良い気を呼び込む基本です。
キレイな部屋を保ち掃除を楽にするためには、日々の習慣を身に付けることから始めましょう。
例えば、脱いだ服はハンガーに掛ける、または洗濯するなど、服を床に放置しない習慣をつけましょう。
カバンも所定の収納位置を決め、帰宅後は必ず元の場所に戻す習慣にします。
物が帰る場所を作り、物が帰る場所に戻す習慣をつければ良いだけです。
それぞれの物の収納場所を決め、入りきらない物は、本当に必要な物なのかを見極める必要があります。
物が多過ぎる部屋は、気の流れが乱れてしまい、悪い気が多くなってしまいます。
部屋に入ってきた良い気の流れを、物が邪魔しないように、整理整頓しましょう。

古い持ち物を捨てる

古くなってしまった物や、使わなくなってしまった物たち。
何となく捨てられなくて、手放せずに手元に置いておいても、悪い気がたまるばかりです。
意味もなく保管している古い物たちには、陰の気がたまっています。
良く晴れた天気の良い日に、片付けて捨てると良いでしょう。
新しい出会いに恵まれるチャンスが訪れやすくなります。
不要になった物とはいえ、今まで大切に使ってきた物たち。
ゴミ箱に捨てるだけでは、捨てた物の陰の気を払えない場合があります。
陰の気を払うためには「今までありがとう」の感謝の気持ちを込めて捨てましょう。
この感謝の気持ちが、物を捨てる時の運気をアップさせるポイントです。
陰の気を払い、良い気を招き入れます。
捨てるにはもったいないと思っていた物も、感謝の気持ちを込めれば手放しやすくなります。

風水  風水