2017年引っ越しで運気アップする方位は?悪い土地でも風水で開運

2017年引っ越しで運気アップする方位は?悪い土地でも風水で開運

2017年風水で見る方位

方位は、風水では8つに分けて考えます。
北・北東・東・南東・南・南西・北西、西というように、東西南北にその間の方位も加えられています。
それぞれの方位は、違った意味を持ち、間取りや家具の配置、色の使い方により、気の流れも変わります。
方位の特徴をよく知ることで、より効果的に風水の良い影響を受けることができます。
風水での方位は、住んでいる家の中心から図ります。
しかし、仕事の都合などでホテルに滞在していたり、単身赴任をしていたり、恋人の家に居候などなど、自宅で多くの時間を過ごしていない人もいます。
60日以上滞在している場所が、方位を図る基本の場所となります。
引っ越しを考えている場合に、その方位が凶方位だった場合、自宅から離れ60日以上仮住まいをしてから引っ越すという方法もあります。
凶方位からは避けることができるのです。
留学や、長期の海外旅行に行く際にも、凶方位で心配ならば、同じように凶方位を避けることができます。
風水は、環境を整えることで、良い運気を呼び込むことができるので、凶方位にがっかりせず、改善の方法を見つけましょう。

2017年引っ越しに良い方位と悪い方位は?

風水では、良い方位や悪い方位は毎年変わります。
その年の凶方位には、凶の気が強く、良くない影響を受けやすくなるので、引っ越しや旅行は極力避けたい方位となります。
良い方位への引っ越しや旅行は、良い気の流れを受け、運気アップに効果があります。
風水の一年とは、立春から、つまり二月三日の節分を境に一年がスタート。
凶方位は、人により異なるものですが、一般的に当てはまるのが、北と南になりますので注意が必要です。

2017年、北は暗剣殺と言われる不吉な方位とされていて、主に対人関係でのトラブルが心配。
引っ越しでは、新たに出会った人と不和にならないように気を付けましょう。
旅行では、仲間割れや、スリの被害に合わないように注意が必要です。

南は2017年、五黄殺と言われる最も凶方位とされています。
健康運が下がり、病気になりやすくなります。
ケガや交通事故にも十分に注意しましょう。
金運もダウンしやすく、破産や借金を抱える恐れも。
南への引っ越しは避けたいところです。
新しい環境に慣れにくく、心身ともに疲労してしまう可能性があります。

悪い方位でも風水で運気を改善!

転勤などで引っ越しが避けられない場合は、引っ越し先では極力静かに過ごすことがポイント。
また、新居のレイアウトで風水を取り入れ、住環境を良い気が入りやすいように整えましょう。
風水は、悪い気を払い良い気を呼び込み運気アップさせることができます。
凶方位でも、良い環境を作り、良い気の流れを呼び込み、楽しく生活することで自然と運気はアップします。
凶方位に引っ越した場合は、いつまでも段ボールなどを積んでおかないこともポイントです。
良い気の流れを妨げてしまいます。
早々に、引っ越しの荷物は片付け、清潔を保つように心掛けましょう。
新たに大きな家具などを購入したい場合は、来年まで待った方が良い家具との出会いがあります。
引っ越し先で知り合った人とも、深く関わるのはトラブルに発展する可能性もあるので、注意が必要です。

風水  風水