玄関に鏡は風水の開運アイテム!鏡の向きと位置で運気アップ!

玄関に鏡は風水の開運アイテム!鏡の向きと位置で運気アップ!

玄関に鏡はラッキーアイテム

日本では昔から、鏡は神聖なものとして大切に扱われてきました。
風水でも、鏡は運気アップの重要なアイテムとして大切にされています。
良い運気を呼び込み、悪い運気を追い払うアイテムとして効果が期待できます。
風水では、玄関に鏡を置くことで運気をアップさせることができます。
しかし、置く位置や向きによっては、逆に運気を下げてしまう可能性も。
良い位置と向きに鏡を置けば、良い気を増幅させることができ運気がアップします。
玄関は、人が出入りするだけではなく、大地からのエネルギーの出入りする場所でもあります。
エネルギーは、風水では「気」と呼ばれ、私たちの身の回りのあらゆるところに存在しています。
家の中と外にも気は流れています。
風水では、良い気を家に招き入れ、悪い気を追い払うために、玄関の環境を整えることが大切だという考え方があります。
良い気の流れを妨げないように、玄関を清潔に保ち、開運を導きましょう。

玄関でNGな鏡の配置

玄関を入って正面に鏡を置くのは避けましょう。
家の中に入ってきた、良い気の流れを反射して返してしまいます。
また、玄関に窓がある場合は、窓の正面に鏡を置くことも同じように反射してしまいます。
鏡は、自然光を増幅させ、その家や家族を明るく元気にする効果もあります。
玄関ドアや窓に向き合った位置に鏡があると、家の中に入ってくる明かりも跳ね返してしまうのです。
合わせ鏡も避けましょう。
鏡と鏡の間で、気が往復し停滞してしまいます。
良い気が家の中まで流れなくなってしまうのです。

玄関に鏡を置く良い位置とは

鏡を置く良い位置は、玄関を入って右側です。
右側に置くと仕事運や恋愛運アップにつながります。
風水では、気の流れは反時計回りに流れるという考えがあります。
玄関を入って右側に気の流れができるので、鏡を置いて、家の中に良い気が流れやすいように助ける効果があります。
左側に鏡を置くと、金運アップにつながります。
このように玄関に鏡を置く場所によって効果はさまざまにあり、玄関のどの位置に鏡を配置すべきか迷ってしまいます。
その際は、自宅の玄関の方位により、良い気を増幅するか悪い気を追い払うか、どちらかに重点を置いて鏡の位置を決めると良いでしょう。

八角形の鏡は玄関に効果あり

鏡には、さまざまな形のものがありますが、風水の八方位と最も調和が取れている良い形のものは八角形の鏡。
縦長の長方形の鏡も玄関には合います。
良い気を増やし、高める効果があります。
頭からつま先まで、全身が映る大きさのものが理想的です。
スペース的に可能であれば、全身の映る大きさの鏡を玄関に置くことをおすすめします。
出かける前の姿見としても、身だしなみを整える際に重宝します。
身だしなみを整えるという行為も、風水では運気をアップさせるためには大切な行為。
玄関から外へと出る際には、必ず、自分の姿を確認し、身だしなみを整えましょう。
そして、常に鏡はピカピカに磨かれた状態でなければ、効果が発揮できません。
鏡が汚れていたり曇っていると、鏡のパワーを発揮できないのです。
玄関を掃除して清潔を保つのはもちろんのこと、鏡も常に磨いてピカピカの状態にしておきましょう。

風水  風水