絵を置くだけで運気アップ!どんな絵を置くべき?

絵を置くだけで運気アップ!どんな絵を置くべき?

運気を上げる絵とは?

インテリアとして絵を飾る方は多いですが、実は絵にも風水では意味があります。
せっかく飾るのならその絵によって運気を上げたいと思いませんか?
絵によって、家の中心から方角を見て、どこにおけばどんな運気が上がるのか、というのも実はあります。
今持っている絵を、きちんと運気アップの方角へ変えて、置いているだけで良い運気が入るように工夫しましょう。また、絵はイラストなどでも構いませんが、写真などでも代用できます。
ただし、飾っている絵を掃除せずに汚れていたり、掛ける場所がないからと床に置いておくのは、その運気を逆に下げることになるので気をつけましょう。

運気を上げる位置と絵

・木や葉が描かれている絵
木や葉が描かれている絵は、東の方角へ置けば、健康運を上げることができます。また、南東の方角へ置けば金運を上げることが出来ます。
しっかりと茂った木や葉、そして花の絵などでも効果的です。
木々は、水によって育つので、その絵の中に川や滝などの水も描かれているとさらにいいでしょう。もちろん、東や南東の方角にトイレやキッチンなどがあれば、そこに飾っておくのもおすすめです。

・赤色の多い絵
赤色の多い絵は、南の方角に飾ってください。そうすれば、人気運が上がり、モテやすくもなります。
赤色の多い絵というと、主に火に関係したものです。例えば暖炉やキャンドル、さらには太陽や星なども該当します。ただ、風水で言えば、必ずしも火と関わりがなくとも、赤=火という認識なので、赤色の宝石や花なども南の方角に飾ります。

・動物などがペアで描かれている絵
動物などがペアで描かれている絵の場合は、南西の方角に飾りましょう。
これは、恋愛運、結婚運の向上を表します。
恋人のいない人は、素敵な恋人が見つかり、結婚している人は夫婦円満に繋がっていきます。
また、その家でのパーティなどで、仲の良い友達同士が結ばれるということもあるでしょう。
動物の家族写真、夫婦になっている写真などもおすすめです。

・白や黄色の多い絵
白や黄色の多い絵は、西と北西の方角に飾りましょう。
西の方角は、子供の運気を上げてくれるため、子供のいる人は西の方角に飾るといいでしょう。このとき、子供の描いた絵を飾るとさらに子供の運気が上がりやすくなります。
北西の方角は、人間関係を円滑にする方角です。
白や黄色の花の絵なども、運気向上の手助けをしてくれるのでおすすめです。

・水関係の絵
水辺や魚などが描かれている絵は、北の方角に飾りましょう。
仕事運や金運がアップします。
また、鯉の滝登りと言って、鯉が滝を程勢いが良く、滝を登ることのできた鯉は竜になる(出世をする)という例えがあります。その言葉のように、魚は出世を促すという意味でも考えられています。
リビングや玄関が北の方角にある場合は、そこに飾りましょう。

・地図の絵
地図の絵は、北東の方角に飾りましょう。学業運が上がり、頭の回転を上げてくれます。
学業運は、学生はもちろん、大人でも資格取得や仕事で何か覚えたりということも円滑に行えるように促してくれます。
書斎や勉強部屋などが北東の方角にある人は、さらに学業運が上がるのでおすすめです。

風水  風水