赤色をうまく取り入れて良い運気を手に入れよう!

赤色をうまく取り入れて良い運気を手に入れよう!

風水での赤色の意味とは?

様々な色がある中で、風水での赤色は、炎のような活動的で情熱的色であり、良くも悪くも強いエネルギーの持った色だとされています。赤色は生命力を表しており、仕事運と健康運を左右します。
この意味を知った上で、上手にシーン別に使いこなせば、良い運気を作り出すことが出来ます。

赤色を使うと良い場所

・決めなければいけない時
プロポーズや、契約を結ばなければいけない時など、様々な場所で、人は決断を迫られています。そういった時に背中を押したり、やる気を出させてくれるのが赤色です。赤色は、心の迷いなどにも効果的です。
ただし、あまりにも赤色が多すぎると、グイグイと行き過ぎてしまい、相手に引かれてしまう可能性もあります。基本的に少しあるだけで効果を出しやすいので、ちょっとしたワンポイントに赤色を添える、くらいにしておきましょう。

・人を引っ張っていかなければいけない時
気を引き締めてくれる赤色は、統率しなければいけない時に最適な色です。
また、行動力も起こさせてくれるので、みんなを引っ張っていかなければいけない時に、なんだかやる気が出ない、重い腰が上がらないという場合に最適でしょう。

・代謝を上げたい時
赤色は脳への刺激になり、興奮させる色です。
そのため、心理的な観点から基礎代謝を上げられる色ともされています。
ダイエットがなかなか続かないと悩んでいるのなら、赤色を使って、行動力や決断力を上げて、さらに代謝を上げていきましょう。ただし、家を赤色でいっぱいにしてしまうと脳が休まらないので気を付けましょう。

赤色を使う際の注意点

・脳への刺激が強すぎる
代謝のところでも記載したように、赤色は脳への刺激を与える色です。そのため、いつも赤色を見ているというのは脳に休む時間を与えないことにつながります。
人は、休む時間もとても大切なので、常に緊張状態にしてしまうと、体が休まらずに体調を壊してしまう場合も考えられます。基本的には赤色は、使うとしてもワンポイントアイテムや、大きすぎないインテリアに使用するようにしましょう。

・気持ちを上げすぎてしまう
気持ちを高めるのに最適な赤色ですが、喧嘩などをしたときにいつも以上に言い争いになってしまうでしょう。
プラスのエネルギーの時には、そこへさらにエンジンをかけて加速させてくれますが、それはマイナスのエネルギーの時でも同じことが言えるのです。あまりにも周りに赤色が多すぎると、血の気が多くなりすぎ、喧嘩が絶えにくくなってしまうので気を付けましょう。

・赤色の財布は避ける
赤色は、散財の意味を持つと言われています。
そのため、財布に使用するとお金が入ってきにくくなるので注意しましょう。

さらに開運にするためには…

赤色を使ってさらに開運をしたいという人は、相性の良いとされる色を組み合わせてみましょう。
赤色の左右する仕事運と健康運に加えて、金運や恋愛運、結婚運などが上がりやすくなります。

・緑色
濃い緑色がおすすめです。
緑色と赤色の組み合わせは、金運の向上に最適な色と言えます。

・黒色
黒色と赤色の組み合わせは、恋愛運や結婚運の向上に最適な色と言えます。
しかし、ここで注意すべきなのは赤色の割合です。
あまり赤が多いと、気持ちを相手へ押し付けすぎてしまい、相手が疲れてしまう可能性があります。

風水  風水