1月10日生まれの方の「金運」は?風水占いで金運アップ!

1月10日生まれの方の「金運」は?風水占いで金運アップ!

1月10日生まれの方の金運は?風水占いで見てみよう

今回は風水占いを使って、金運について占ってみたいと思います。試しに「1979年」「1980年」「1981年」の「1月10日生まれ」として占ってみましょう。風水占いでは、基本的には生年月日をもとに占いをします。

まず「1979年1月10日」生まれの方は、「地道にお金をためられるタイプ」です。節約志向なので、余分な出費は少なく、お金がたまりやすいタイプです。ただし、ここぞという時には大金を使います。お金を管理するのは得意なほうですが、投資や運用は不向きのようです。もし投資や運用を考えているのであれば、得意な人に任せるようにしましょう。上手く他の人の力を借りることで、効率よく失敗せずにお金を増やしていくことができます。

次に「1980年1月10日」生まれの方も、「地道にお金をためられるタイプ」タイプになります。とても落ち着いた性格の持ち主で、理路整然と物事を判断できます。やや弱気な部分もあるため大金を手に入れるようなことは難しいかもしれませんが、こつこつお金をためて安定した生活を送れるタイプです。良い話があっても、すぐに乗らないようにしましょう。良い話には、必ず裏があります。基本的にハイリスクハイリターンは適さないタイプです。マイペースにお金をためることが向いています。

最後に「1981年1月10日」生まれの方は、ずばり「お金に強いタイプ」です。お金の扱い方や投資・運用などにも長けています。投資家や銀行員などお金を扱う職業にも向いています。お金は使った分だけ入ってくると言われますが、親しい人へのプレゼントや寄付などがまわりまわって、自身の幸運として戻ってきます。節約も大切ですが、節約してばかりいると場合によっては、運気を逃してしまうタイプです。大切な方やここぞという時には、お金を使っていくことを忘れないでおきましょう。

風水のコツをつかんで金運アップ!

持って生まれた金運は変えられませんが、風水では、インテリアや普段の生活に気を配ることで金運をアップさせることができるとされています。

まず、色を意識することがポイントです。金運に関するカラーは「イエロー」と「ブラウン」です。お財布やバック、カードケース、ハンカチ、メガネなど普段身に着けるものにぜひ取り入れてみてください。色にはそれぞれ意味がありますが、ブラックやグレーなどはあまりおすすめしません。

次に食べものです。気運アップを期待するなら、チキンや卵などの黄色のものを食べるようにしましょう。鶏肉を卵でとじてつくる「親子丼」も良いですね。2日に1回は鶏肉を食べるようにするとか、茹で卵など、作り置きできるものを常にストックしておくのも運気アップには良いかもしれません。思い付いた時に取り入れるのではなく、とにかく習慣にしていくことが大切です。

そして、財布をきれいに保つのも大切です。領収書やレシートで財布がパンパンになっていませんか?お金を支払った後のレシート類はいわば「お金の死体」。どんどんためていると、金運が下がります。カード類も、たくさん入っているようなら、枚数を少なくしてみてくださいね。また、お札を入れるときにお札の頭を下にして入れるようにすると、お金がたまりやすくなると言われています。ぜひお試しください!

風水  風水