1月14日生まれの方の金運は?風水占いで金運アップ!

1月14日生まれの方の金運は?風水占いで金運アップ!

1月14日生まれの方の金運を風水占いでチェック!

今回は風水占いを使って、金運について占ってみたいと思います。試しに「1979年」「1980年」「1981年」の「1月14日生まれ」として占ってみましょう。風水占いでは、基本的には生年月日をもとに占いをします。

まず「1979年1月14日」生まれの方は、マイペースでおっとりとしたタイプです。人とコミュニケーションを取ったり人に合わせるのが得意で、誰からも好かれます。トラブルを避けて、円満に暮らしていく方が多いようです。お金に関しては、自分の関心のあることに対しては、深く考えずに大金を使う傾向があります。そのため、気が付いたら生活が苦しくなっていたというパターンも少なくありません。迷ったときや大きな決断をするときには、お金の管理が得意な信用できる人に相談するようにしましょう。

次に「1980年1月14日」生まれの方は、負けず嫌いで意思の強いタイプです。一度決めたことはどんな障害があっても最後までやり遂げますし、ライバルがあらわれると余計にバイタリティーが湧いてきます。お金に関しては、お金を使ったりためたりすることが標準的に得意なタイプです。ただし、時によって衝動買いをしてしまうこともありそうなので、その点だけ気を付けるようにしましょう。

お金に関しては、節約志向の方が多いようです。

最後に「1981年1月14日」生まれの方も、負けず嫌いで意思の強いタイプです。仕事でもプライベートでも束縛されることを嫌い、より良い成果や結果を追求していくタイプです。のんびり安定的な生活とは程遠く、仕事はでき能力は高いものの、近寄りがたい存在になることもしばしばです。必要なところにしかお金を使わず、場合によってはケチに見られることもあります。普段は財布の紐を締めているものの、お金絡みで人にだまれることもあります。よく状況を見て判断するようにしましょう。

自分のタイプを知ることにより、トラブルを未然に回避したり、チャンスをしっかりモノにすることができるように、ぜひ生かしてくださいね。

 金運アップには、こんなお財布がおすすめ!

生まれ持った金運はなかなか変えることはできませんが、日常生活に気をつけることで金運アップにつなげることができます。今回は、お財布選びのコツをご紹介しますね。

まず形としては、二つ折り財布よりも長財布のほうがおすすめです。お札が窮屈にならずに、のびのびと入れることができます。

次に色ですが、「お金が定着する」意味を持つ「白」はおすすめです。白という色のイメージから、自分を律することができ清潔感のある印象を与えることができます。逆にNGな色は「赤」です。赤というと火を連想させますが、お金がどんどん燃えて無くなっていってしまう意味になるからです。また、キャラクター柄のものも金運をアップさせたい方にはおすすめしません。

そして気に入ったお財布を購入したら、使い方も大切です。「死んだお金」を意味するレシートをためるのはやめましょう。レシートの保管が出来ない方には、お金の管理も出来ない方が多く負の連鎖を招いてしまうので、気をつけるようにしましょう。お金のまた、古くなったおみくじやお守りをお財布にいれるのもよくありません。昔の金運をひきずってしまいます。

風水  風水