2月10日生まれの方の子宝運は?風水占いで運気アップ!

2月10日生まれの方の子宝運は?風水占いで運気アップ!

2月10日生まれの方の子宝運を風水占いでチェック!

今回は風水占いを使って、子宝運について占ってみたいと思います。試しに「1984年2月10日生まれ」の女性と、「1984年2月10日生まれ」「1985年2月10日生まれ」「1986年2月10日生まれ」の男性のカップルについて、子宝運を占ってみましょう。風水占いでは、基本的には生年月日をもとに占いをします。

「1984年2月10日生まれ」の女性は、五行説では「七赤金星」タイプになります。お金にツキがあり、派手な世界で成功する方が多いようです。芸能界などにもよくいるタイプで、人との交際が得意です。若いうちから大金を手にして成功する人も多いです。ただし中年から晩年にかけて、お金を浪費してしまう危険がありますので注意してください。心身を美しく保つことでさらに運が開けます。

まず、男女二人ともに「1984年2月10日生まれ」のカップルの子宝運です。子どもが欲しいと口では言いながらも、まだ母になる心身の準備や生活基盤が整っていないようです。子どもを生み育てるということは、心身ともにタフでないとできないことです。また、子どもが生まれる前の今だからこそできることも沢山あります。時期が来れば、きっと子どもはやって来ることでしょう。今は、心身を整えることを大切にして、ベストタイミングを見ていきましょう。

周りの友人たちが次々と結婚し、子どもに恵まれている様子を見て少々焦りを感じているようです。しかし、「周りが子どもを産んでいるから自分も子どもがほしい」というのは少々違っているのかもしれません。赤ちゃんは母親を選んでやってくると言いますが、まだその時ではないという暗示が出ています。自身の心身を整えたり、相手の男性との関係をしっかり築きながら、自分にとってのベストタイミングを見つけていきましょう。

次に「1985年2月10日生まれ」の男性は、五行説では「六白金星」タイプになります。我が道を行くタイプの方が多く、自分の信じた道を貫いて起業したり、起業したことで大成功する方も多いです。ただし、あまりに我が強すぎると孤立してしまい、失敗するケースもありますので、意識的に周囲の意見を聞いたり雰囲気を読み取る工夫をしてください。お金に不自由することはあまりありませんが、豪快にお金を使いすぎる傾向があるので、注意が必要でしょう。

女性が「1984年2月10日生まれ」男性が「1985年2月10日生まれ」というカップルの子宝運です。子どもが欲しいと思いながらもなかなか恵まれない日々が続いているようです。その理由は簡単に言えば、まだそのタイミングではないからと言えます。「子どもは授かりもの」と昔から言われてきましたが、それは医療や生活環境が発達した現代でも変わりません。おそらく今は、自分たちの生活が忙しく子どもと産んで子育てをする心身の余裕は少ないようです。来るべきタイミングに向けて、しっかりと準備をしていきましょう。

最後に「1986年2月10日生まれ」の男性の場合は?

「1986年2月10日生まれ」の男性は、五行説では「五黄土星」タイプになります。気が強く、みんなを引っ張っていくリーダー気質の人が多いようです。自分の意志や直感を信じて判断するなど大胆で気が強い反面、繊細で優しい部分もあり、そこが周囲の人望を集めます。周囲の意見を聞くことも大切ですが、あまりそこに注力するとあなたらしさが損なわれて運が開けません。バランスを保ちながら、ここぞという時には、自分を信じて突き進むようにしてください。

女性が「1984年2月10日生まれ」男性が「1986年2月10日生まれ」というカップルの子宝運です。周囲が結婚・妊娠したという報告を聞いて少し焦っているようです。それなのに自分は子どもに恵まれないことでストレスを抱えているかもしれません。でも落ち込まないでください。まだ恵まれていないのは、その運気がまだ自分のところにやって来ていないだけで、いずれ必ずやってくることでしょう。出来ないことを繰り返し考えることで、悪循環に陥ってしまいます。相手の男性との関係をしっかり築いて、その時を落ち着いて待ってくださいね。

風水  風水