2月13日生まれの方の本当の性格は?風水占いで運気アップ!

2月13日生まれの方の本当の性格は?風水占いで運気アップ!

2月13日生まれの方の本質を風水占いでチェック!

今回は風水占いを使って、その人の本質について占ってみたいと思います。試しに「1979年」「1980年」「1981年」の「2月13日生まれ」として占ってみましょう。風水占いでは、基本的には生年月日をもとに占いをします。

「1979年2月13日生まれ」の方は、五行説では「三碧木星」タイプになります。理論的でスマートな思考の方が多いようです。ただし時によっては、慎重なあまりチャンスを逃してしまうこともあります。人から好かれる方が多く、コミュニケーション能力にも長けています。自分の意見をはっきりと伝えたり、いざという時の行動力を身に着けると運が大きく開けるでしょう。

「三碧木星」タイプは、子どもの頃から学生時代までは、明るく活発な性格であるため色々な方からの人気を集めるでしょう。就職すると、言いたいことをそのまま言ってしまい反感を買うこともあるかもしれません。しかしその場を察する努力や、コミュニケーション力を磨くことによって運気をアップさせることができるでしょう。忍耐強く何かひとつのことをやり遂げるようにすると周囲の信頼を集めます。

次に「1980年2月13日生まれ」の方は、五行説では「二黒土星」タイプになります。9つのタイプのなかでも最も「努力タイプ」です。何かの目標が決まったら、地道にコツコツと物事を進めていくのが得意です。ただし、決断力に欠けるためせっかくのチャンスを逃してしまうこともありそうです。自分で判断するのではなく、周囲の頼れる人に判断やアドバイスをもらうようにするとよいでしょう。孤独は運気を下げてしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。

「二黒土星」タイプの方は、小さい頃から学生時代まで、謙虚で真面目な性格として育つことが多いでしょう。時によっては「友達として付き合いにくい」と言われることもあるかもしれませんが、地道に人間関係を築いていくタイプなので、就職してからは信頼を集めやすいです。派手なことにはあまり向きませんが、縁の下の力持ちとして実力を発揮する場合が多いでしょう。

最後に「1981年2月13日生まれ」の方は、五行説では「一白水星」タイプになります。「水」の気を持っており、水に関連して、その時の環境や雰囲気に合わせて動くのが得意です。多くの人から必要とされるタイプです。何かひとつのことを極めてその才能で評価されることも多く、人付き合いが上手なので多くの方とコミュニケーションを取ることで実力をさらに高めていきます。一方、物事を軽く判断してしまいがちなところがあり、周りから忠告されることもしばしばです。

「一白水星」タイプの方は、小さい頃から学生時代まではスポーツに熱中するなどして、多くの友人に恵まれることでしょう。就職してからは、持ち前のコミュニケーション力を発揮して、昇進していく方も多いです。仕事が好きな方が多いので、働くことは苦になりませんが、ストレスや過労などで心身を悪くしてしまう場合もあるので、早めに休息をとるように心がけましょう。

 コスモスを飾って運気アップ!

風水占いでは、コスモスには可憐な色合いから結婚運をアップする効果があるとされています。特に、結婚運を上げたい場合には、東南の方角に飾るようにしましょう。

風水  風水