風水で厄除け!厄を落として運気UP!

運気アップするにはまず厄を落としましょう。

厄を落として、いい運を取り入れましょう。

トイレに観葉植物を置いて空気を浄化

トイレは家族の健康や金運をつかさどる場所です。

しかしトイレは汚れやすいなど、悪い気がたまりやすい場所となっています。

この悪い気をためないためにもこまめに掃除をする、また観葉植物を置くことで、空気を浄化してくれます。

ケアグッズは体の部位ごとに定位置に置いて気の流れをスムーズに

洗面台を整理していても、気の流れに合ってない置き方をしてしまうことで悪い気がたまりやすくなります。

特に一番気を付けるべきはヘアケアグッズです。

元々髪の毛には悪い気がたまりやすいため、ブラシやピンなどヘアケアグッズはまとめて収納しましょう。

他にも顔のスキンケアグッズ、ボディーケアグッズなど、使う用途に合わせて分類して収納することで気の流れが良くなります。

お風呂場はしっかり換気を

疲れや汚れを流すお風呂場は、心身を浄化する場所です。

しかし、水を扱うために湿気はたまりやすい場所となっています。

湿気を放置しておくと、カビの繁殖だけでなく、気が停滞してしまい、良い気が流れにくくなってしまいます。

お風呂場を清潔に保つためにもまずは水気と汚れをためないようにしましょう。

窓があれば、常に開けっ放しにして、通気を心がけます。

換気扇のみの場合は、長めにかけるようにしましょう。

色や香りでいい気を呼び込む

毎日水を使うお風呂場は、湿気がこもりやすく、陰の気が強くなりがちです。

陰の気が強いと気の流れが悪くなりやすいので、陽の力を取り入れることで陰陽のバランスを取るようにします。

そのためには、電気を明るくしたりシャワーカーテンをピンク、オレンジなど暖色系の物を取り入れるようにしましょう。

光を取り入れ、太陽のパワーを吸収する

風水では、明るい光に満たされた部屋にはいい気があふれていると考えられます。

リビングに光が入りにくい時は、明るい照明で代用も可能です。

日の光が強すぎてまぶしかったり、熱すぎたりすると、意見の対立を招いたり、浪費をしやすくなったりするので、カーテンで調節しましょう。

寝室の空気を入れ替え、良い気を寝室に呼び寄せる

寝室は1日の疲れを癒し、翌日のエネルギーをチャージする場所です。

リラックスして眠りにつくと、すべての運気が上がります。

そのためにも寝室を良い気で満たしておきましょう。

人間は、1日の3分の1を寝て過ごし、その間に良い気を吸収し、悪い気を吐き出します。

この悪い気を入れ替えるためにも空気の入れ替えをし、良い気を巡らします。

風水  風水