風水を使って洗面所で運気をアップさせる

風水を使って洗面所で運気をアップさせる

風水でみる洗面所の意味

洗面所は水回りのひとつとして健康運や金運などの運気を左右します。その他にも女性にとっては気になる美容運の運気にも影響を与える場所でもあります。水を使ったり、身なりを整えたりと汚れやすい場所でもあります。どのように使えば運気をアップすることができるのでしょう。

運気がアップする洗面所

まず美容運に大切なのは鏡です。鏡はピカピカにしておきましょう。鏡の汚れは肌荒れにつながります。これは持ち歩く鏡にも同じことがいえますので気をつけましょう。

洗面所全体の掃除も重要です。歯ブラシスタンドや洗面ボウル、ハンドソープの入れ物など汚れやすいものがたくさんあります。健康運や金運にも影響してきますので注意しましょう。蛇口などシルバー部分もピカピカにしておきましょう。金運がアップします。

照明は明るくしましょう。洗面所は湿気が多い場所です。湿気は「陰の気」になります。暗いとさらに「陰」に傾いてしまいます。照明で明るくすることで「陽の気」の力でバランスが取れ運気がアップします。

洗面所にはプラスチックの小物が多くあると思います。プラスチックは風水思想の五行のなかの「火」にあたります。洗面所は「水」を使う場所です。五行のなかの「火」と「水」は相反するもので同じ場所にあると反発し合い、その場の「気」のバランスを崩します。その崩れたバランスを整える役割をしてくれるのが「木」になります。プラスチック製のものを多用するのではなく、木製にしても大丈夫なものは木製のものを使うといいでしょう。電化製品も「火」にあたります。髭剃り、ドライヤーなどはラタン製のカゴなどにしまうとバランスがいいでしょう。また、観葉植物や花を飾るのもおすすめです。植物は五行の「木」にあたります。さらにその植物を鏡の前に置くといいでしょう。鏡に植物や花が映ることで効果も倍増します。女性の運気を上げたいと思うなら花を飾るのがおすすめです。

マットを敷きましょう。これも冷えることで「陰の気」が溜まりやすくなるからです。マットを敷くことで「陰の気」を抑えることができます。方角に合ったものを敷くのが一番いいですが、暖かみのある暖色系ならいいでしょう。

洗面所での注意点

洗面所でお化粧をするのはおすすめしません。お化粧というのは五行の「火」にあたります。洗面所の「水」の気と合わないので美容運がダウンします。メイク道具も置かないようにしましょう。洗面所ではスキンケアのみにしましょう。

湿気は「陰の気」になります。洗面所は湿気が溜まりやすい場所です。バスマットは必ず干し、換気をするように心がけましょう。

排水溝のつまりは金運に影響します。流れが悪くなるとお金の流れも悪くなります。流れが悪いということはお金が入ってこなくなるということです。こまめに掃除をするようにしましょう。

洗面所には洗濯機を置いている家庭も多いと思います。洗濯層のカビは悪い気「邪気」になります。洗濯層にカビがあると、そこから洗所全体へ、そして家の中へと回っていってしまいます。

まとめ

洗面所は健康運、金運、そして美容運を持っている場所になります。明るく、清潔に保ち換気をきちんと行うことで健康で美しくなれる場所です。洗濯ものがあったり、髪の毛が落ちていたりと汚れやすい場所ではありますが、掃除をこまめにして運気をアップさせましょう。

風水  風水