風水資格ランキング

風水資格ランキング

風水というと怪しいイメージをなんとなく抱いてしまいがちですが、実は環境学というれっきとしたひとつの学術体系に則っています。主に衣食住といった生活スタイルを見直すことで良い運気を取り入れる風水は、実生活に役立つ資格として最近注目を集めています。資格を取れば風水師として活躍できるだけでなく、自分自身の生活を見直してより良い人生を作っていく事にもつながります。中国4000年の歴史から編み出されし環境学「風水」の資格ランキングをご紹介いたします。

1位 風水セラピスト

あらゆる人々にとって必要不可欠といえる「住」という要素、その生活環境で悩める人々の相談相手となるのが風水セラピストです。陰陽、八行、五卦などの観点から敬且つ空間の改善に務めます。数ある風水の資格の中でも風水セラピストが人気を集める理由は、手の付けやすさにあるでしょう。同じような資格の中に風水アドバイザーがありますが、これは指定の教育機関で一定のカリキュラムを終えた者しか受験資格がありません。一方、風水セラピストには特に受験資格はなく、興味を持ってみれば誰でも気軽に始められるという点が魅力的です。セラピストになるつもりはなくても、風水に興味がある!という人にもおすすめの資格です。

2位 住宅鑑定風水インストラクター

風水は部屋の間取りや家具の配置、種類といったものにも着目し、細かいところからも空間の気を改善するものです。しかしその入れ物である住宅の風水に問題があっては元も子もないでしょう。住宅鑑定風水インストラクターは、住宅不動産のご購入を考える方を対象に相談相手となれる資格です。こちらの資格が人気を集める理由は、これからの日本の不動産業界に明るい見通しがあることが挙げられるでしょう。空き家など十分に活用されていない不動産が日本には多く、まだまだ開発の可能性がある業界であることから、住宅の風水専門家としての雇用を期待する事ができます。最近では、風水の観点から営業を進めるために、不動産営業の方が資格を取得するケースも多くなっています。

3位 風水アドバイザー

風水セラピストと同じく、風水の知識を駆使して相談に来た方の運気を上げられるように助言するのが風水アドバイザーでありますが、こちらの資格を受けるには所定の教育機関で一定のカリキュラムを受けなくてはいけません。ただ、このようなしっかりとした研修制度を受けるということは、それだけ着実に知識も身に付けることができ、顧客の信用を得るという点ではとても有意義なものです。また、このカリキュラムには有料の添削制度があり、それを受けると無料でプロの風水鑑定を受ける事ができる特典がつくこともあります。風水師として活動するにあたって、プロのアドバイスを顧客の立場から聞くという経験もプラスとなるでしょう。

4位 風水鑑定士

風水セラピストや風水アドバイザーが、運気を下げている問題の解決において活躍するのに対し、風水鑑定士はその問題の原因を明らかにすることを主な生業としています。風水鑑定士は他の風水の資格よりも、より大局的な見解を求められます。家の間取りやインテリアだけでなく、山や川、神社や道路といった近所の生活環境なども考慮して総合的な鑑定を行うことになります。そのため不動産業界で働く人の資格取得も多く、不動産コンサルタントのツールとして充分に機能する資格です。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA