テレビと風水の関係について

テレビと風水の関係について

テレビの置き場所はどのように決めましたか。実は風水においてテレビは気を乱すものとされています。よって考えなしでおいた場合、置き場所を考え直すか位置を変更することが必要かもしれません。この記事では風水とテレビの関係についてご紹介します。

風水におけるテレビの扱いとは

そもそも風水におけるテレビの扱いをご存知でしょうか。多くの家庭ではテレビはリビングに置かれていますが、実はテレビはリビングに置かないほうが良いとされているアイテムです。風水においてリビングは家族やゲストの方といった多くの人が休憩や休息のために集まる場です。そしてテレビは気を乱すものとされているので、本来リビングとはミスマッチと言えます。なぜリビングが気を乱すものとされているかですが、テレビでは色々な情報を得ることができます。その多くは人の交感神経を刺激するものばかり放送されています。よって、気を乱すとされています。

テレビは東に置く

テレビは東か南東に置くと良いとされています。これはかなり有名な話ですが一番効果的とされています。太陽は東から昇ります。そのため、風水では東は「発展運」「仕事運」「貯蓄運」「健康運」に影響を出すとされている方向です。そのため、この方向に通信機器や情報端末を置くと運気が良くなるとされています。またテレビの近くに観葉植物を置くことによってテレビから発生する強い電磁波を緩和させることができるとされています。健康運を守るためにもテレビの近くに観葉植物を置くようにしましょう。

窓の位置にも注意が必要

リビングのテレビの位置を考える際、窓の位置というのも非常に関係があります。窓から光が入ってくる際、テレビに直接当たらないようにしましょう。これは「外から入ってきた気を跳ね返してしまう」とされているからです。風水では全ての運気は玄関から家に入って、その後家中を流れ巡るとされています。運気はこのように家の中を満遍なく巡るようになっています。しかし、日光の光がテレビに直接当たっている場合だと気の流れはリビングに入ることができず、気の流れを変えてしまいます。そして結果的に、リビングには気が入らないという結果になるとされています。また太陽の光が直接テレビに当たると逆光の関係で見えにくいという問題が起こります。これには多くの人が怒ります。怒りというのは風水において気の乱れとされています。よって気の乱れを起こすことになり得ない逆光は避ける方がいいとされています。

ソファーとの位置関係

リビングでテレビの位置と注意が必要なのがソファーとの関係です。多くの家庭ではソファーに座りながらゆっくりとテレビを見ることができるリビングのレイアウトになっているのではないでしょうか。そのため風水においてテレビの位置が東側、西側にソファーがあるということが最も良い配置となっています。実際この置き場所は理想的と言えます。なぜなら東側には「発展運」を強くするとされており、上手く取り込めています。しかし、このレイアウトだと家族の会話がテレビ注意になる可能性があります。そのため、テレビの真正面にソファーを置くのではなく、少しずらして置くようにしましょう。