風水的に正しいカレンダーの扱い方

風水的に正しいカレンダーの扱い方

風水的にカレンダーを掛けると良い場所

風水ではカレンダーを置く場所はリビングや寝室に置くと良いとされています。他の場所でも問題はないのですが、家の中で最も明るい場所となっているリビングでも良いですし、仕事や勉強といった何かしらの作業に使う机があるのであれば、その近辺に置くと良いでしょう。リビングは家の中でも特に長い時間を過ごす場所になっています。そのため、リビングにカレンダーを置くことによってスケジュール管理が容易になります。玄関にカレンダーを貼ることも可能ですが、スケジュール管理する場所としては有効ではありません。ただし、カレンダーを選ぶ際に注意したい点としては人の顔が写っているものは絵であっても写真であっても避けるべきだとされています。風水の理論では人の顔が写っているものやそう見えるものは「鏡」と見なされるので運気を跳ね返してしまう作用があります。玄関は家の中でも1番の気の入り口になります。そして特に良い気が入ってくるのでその玄関から家の中に入るときに正面に人の顔が写っているカレンダーがあるということは良い運気を外に跳ね返してしまうことになります。向かい合わせになるように鏡が玄関に置いてあるのも良くないとされているのはこの為です。よって、カレンダーを購入する際には人の顔が写っていない物を選ぶようにしましょう。

風水的にカレンダーを掛けてはいけない場所

家の中でカレンダーを掛けたり、貼ったりしてはいけない場所はトイレになります。リビングや寝室にカレンダーをすでに置いている人ですら、トイレにカレンダーをよく掛けたり置いたりしています。またカレンダーをインテリアの1つとして扱う人もいます。しかし、トイレは家の中で最も汚れやすい場所であり、同時に不浄な場所なので常に陰の気が漂っています。それゆえ、マイナスの陰の気が漂う場所でこれからの未来の予定を立てるカレンダーを置いてしまうと悪影響を及ぼすことになってしまうとされています。

カレンダーは目的によって使い分ける

カレンダーは目的によって使い分けることが大切とされています。プライベート用であればプライベート用、仕事用であれば仕事用と区分けして用意する方が良いでしょう。プライベートと仕事を一緒にして、1つのカレンダーに仕事のスケジュールの他にプライベートの予定を書き込むと仕事の運気が下がるとされています。そのためカレンダーに直に書き込むこと自体は問題ありません。しっかりとプライベート用のカレンダーにプライベートの予定を書き込み、仕事用には仕事の予定をかくといったようにしっかり区分けするとうにしましょう。予定を書き込む際には淡々と予定を書き込むのではなく、達成感を感じることができるような言葉に置き換えることによって仕事運の上昇だけでなく、意識の上昇にも繋がります。また悪いことがあってもできるだけネガティブな言葉や単語を使わないようにしましょう。

カレンダーを掛ける最適な方角

カレンダーは基本的にどの方角でも良いとされています。しかし北西だけはカレンダーを掛けることは避けましょう。なぜなら、北西は神棚や仏壇を安置する方角だからです。それ以外カレンダーを置くことについては問題はないので掛けたい場所に掛けましょう。

風水  風水