風水でみる和室の間取りと方位

風水でみる和室の間取りと方位

和室は家全体のパワーをアップしてくれる部屋の一つであると考えられています。方位にあったインテリアにすることでますます運気がよくなります。

北の方位に和室

北は和室にとって吉の方位になります。家庭が安定する運気が舞い込み、財産や愛情や子宝に恵まれるでしょう。落ち着きがもてるためにこどもがここで勉強をすると集中力がつくともいわれています。

東北の方位に和室

東北に和室をつくると鬼門のダメージがやわらぎます。財産が貯まるパワーもアップするでしょう。健康の心配もないためよい跡取りに恵まれるでしょう。また、仕事や不動産関係の運もよくなると考えられます。特に東北の場合には。4畳半や8畳といった正方形の和室がベストです。

東の方位に和室

東の方位に和室があると、新しいことに落ち着いて取り組めるようになります。仕事運にも恵まれるので、転職もうまくいくでしょう。特に東側に大きな出窓があると吉相になります。窓のそばに観葉植物を置くとよく、東側には時計を配置するようにしましょう。

東南の方位に和室

東南の方位に和室があると人づきあいがよくなり、信用もアップするでしょう。また、この和室を女の子が使うと、良縁に結ばれる可能性が高くなります。もともと気や緑と相性のいい方位になりますので、天井や柱などに自然の天然素材を積極的に取り入れることをおすすめします。

南の方位に和室

南に和室があると、懸賞や宝くじに当たりやすくなるといわれています。また、芸術や美術の面での才能も開花するでしょう。人気者になれる可能性も高まります。壁には純和風の色や素材を使うことがよいでしょう。また天井はクロス張りにするなど和洋折衷の仕上げにするのも運気アップを狙う秘訣です。

南西の方位に和室

南西の和室には家庭が安定するパワーがあります。家族関係が良好で家族のきずなが深まるでしょう。家族みんなで楽しくだんらんを囲むこともできそうです。女性が落ち着き、子宝に恵まれるといった運も良好です。床の間付きの和室が理想的になります。さらに、西や北西の和室と2間続いている場合はベストな配置となります。

西の方位に和室

西野方位に和室があると、金運がアップします。収入がアップしたり思わぬ臨時収入が入ってきたりといった効果がのぞめます。真西に大きな窓がある場合は、ベージュや茶系のカーテンで遮光するようにしましょう。座布団で季節感をだすのも運気アップにはよいでしょう。西の方位の場合には床の間をつくり、山水画を飾るのもおすすめです。

北西の方位に和室

北西に和室がある場合には、ご主人のパワーアップがのぞめます。事業が好調に進んだり、出世できるパワーを得ることができるでしょう。2間つづきにしたり、床の間をつけたりして格調の高いつくりにするのもおすすめです。大きな出窓をつけるとよい運が舞い込んでくる可能性もあります。

和室の押し入れについて

和室につくる押し入れに関して注意点があります。布でできたものをしまう押し入れは湿気を呼び込みやすく、カビ臭くなりやすいスペースであると考えられています。そのため、床にすのこを置くなどして通風をよくしましょう。また、布団をビニール袋に入れて圧縮するのではなくふっくらふくらんだまま収納するのがベストです。

風水  風水