場所別風水・道路や川の曲がり角にある土地

場所別風水・道路や川の曲がり角にある土地

①危険度が高い土地

風水で家運を大きく左右するのが、道路や川との位置関係とされます。その土地に運気の流れをもたらす道路や川は重視され、これは無視できない影響力があります。道路や川のカーブの内と外では、全く正反対の力が働き、内側の場合、常に陽の運気がもたらされ、貯蓄運を向上させる吉相となります。一方外側の場合、陰の運気がもたらされ、運気が低迷し、様々なトラブルが発生しやすいとされます。実際に道路の外側は、速度を出し過ぎた車が突っ込んでくるリスクは高く、風水に関わらず、危険度は高いようです。水路や川でも同じことが言え、氾濫のする可能性もあります。それでは、この道路や川の曲がり角にある家や土地の風水について探って行きたいと思います。

②風水上の意味合い

道路や川の曲がり角にある家や土地は、差異が歴然としています。特にカーブの円弧が半円形に近い場合、その外側にある家は、大きなトラブルが多発するとされます。その解決に対しても困難さがあり、一筋縄では行かないようです。これに対して、半円形の内側の家は、周囲を半円形の壁で守られる形となり、強運が蓄えられ、家や商売が発展し繁栄します。これは風水では腰帯型と呼ばれ、吉相の一つして知られています。カーブは運気のバランスに影響を及ぼすもので、内周部は速度が速くなり、外周部は速度が遅くなり、同じ運気の流れの中で、かい離してしまいバランスが保てなくなるのです。不安定になると良い運気は悪い要素が強まり、最終的には悪い運気になってしまいます。そして、遠心力と同様に外側へ悪い運気を放出してしまうわけです。そこに住んでいる家主や家族には、イライラが募ったり、金銭で困ることが多く見受けられます。

③カーブ外側の場合の対策

とにかくカーブがもたらす悪い運気、住居を取り巻く凶相を寄せ付けないことが大事です。その風水対策として、昔から知られているものは、「八卦鏡」という八角形の鏡を使い払いのけます。この八卦鏡には鏡面に凹凸がありますが、カーブ外側の場合、凸面のものを選び使用すると効果的とされます。八卦鏡がない場合は、普通の鏡でも一時的には代用できますが、効果は限定されるようです。そして手軽ですぐにできるペットボトルに水を入れて並べることも良いですが、日の当たり方に注意が必要となります。またカーテンやブラインドで窓を覆うことも対策となります。悪い運気を払いのけるばかりでなく、良い運気に変えるためには、敷地内に木を植えて、活動的な運気を発生させてください。明るいところには、陽の運気が訪れるので、照明灯も良いですし、庭に灯ろうなどを置くのも良いとされます。

④二面性のある土地

できればカーブの外側の家や土地は避けたいものですが、既に住んでいる場合もあり、そう簡単には行きません。風水策を講じることが必要となるはずです。「八卦鏡」などあまり目立つことはしたくない方は、常に運気を活性化させる常緑樹をまず植えてみてください。変化があるはずです。また道路や川ばかりでなく高速道路や電車のカーブの外側も該当します。特に高速道路は高架のことが多く、目の前にあっても、日当たりを気にするぐらいで、風水的な目で見ることはないのではないでしょうか。高速道路は鋭い運気の流れがより先鋭化しているので意外に侮れません。さらに風水でカーブは、刀で人を斬る時にカーブを描くのと同様に、カーブの形が家を斬ることにつながるという側面もあり、もともと持っていた運気を断ち切ることもあるとされます。引越した後に急に不運が続いたら、引越し先の家や土地の位置を確認してみてください。もしカーブの外側であれば、風水環境を改善してみましょう。相反する二面性を持つのが道路や川の曲がり角にある家や土地と言えます。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)