場所別風水・Y字路の土地

場所別風水・Y字路の土地

①運気を分ける土地

通りの分かれ道にある家や土地は、夜中に突っ込まれる交通事故が多いとされます。しかし、二面接道なので土地の価格はそれほど安くはならない場所です。新規分譲宅地では、あまり見られない区画割りなので、中古で購入することが多いでしょう。Y字の中州部分は土地利用がし難いのですが、個性的な家づくりには適しており、著名な建築家が設計した家に見られます。一方風水では、運気の流れ二つに分かれてしまうので、もともとあった運気の力を弱めるとされます。風水で選んではいけない土地の代表的なものの一つです。この敷地は、接道する道路の大きさや土地全体の形も加味しないと、凶相の度合いに違いがあるのが特徴とされます。それではこのY字路の土地の風水について探って行きたいと思います。

②運気がすり抜ける

通りに流れている運気が両脇を通過してしまい運が蓄えられず、いろいろな運が低迷します。特に家庭運と健康運が悪い影響を受けるため、夫婦間や親子間のトラブルが増え、持病が悪化し病気がちになるとされます。Y字路の鋭角部分には陰の運気が集まりやすく、予期せぬ災いなどをもたらすとされます。分岐点で分かれる道が左右で幅が大きく違っていると運気が乱れ、良い運気が悪い要素を持つようになります。このY字路の土地は、方位に関係無く凶相の土地として知られ、道路に限らず水路でも同様に運気が低迷しやすい言えます。Y字路の土地は三角になることも多いので、その場合、三角の土地にもたらされる悪い影響も重なるので、より適切な配慮が必要となります。

③運気の取り込みと浄化

良い運気を取り込むために、敷地内の風通しを良くします。塀で敷地を囲っている場合、所々に穴があいたブロック使ったり、切れ間を作り植え込みをするのが良いとされます。分岐した道路の幅が違う場合は、狭い方の切れ間を大きく取り、バランスを取るようにします。ただY字の鋭角部分は塞いだままにしないと、陰の運気が入ってきてしまいます。この鋭角付近には、水晶を埋めたり、柊などの植物を植えると効果的とされます。水晶や植物で、悪い運気や邪気は浄化されるはずです。植栽したことで家の周辺の気のエネルギーに鋭さがなくなり、陽の運気が漂い始めます。また鋭角付近の家の中に鏡を吊るすことでも、浄化を促進させられると言われています。玄関近くに常緑樹を植えれば、家に入る運気を陽の運気に変えることもできます。

④鋭角部が重要

Y字路の交通量にもよりますが、車や人の流れが運気を乱すので、交通量の少なさや道路幅によって、風水環境対策のやり方が変わってきます。詳細に対策を施すのでしたら、専門家の意見を参考にした方が良さそうです。いろいろと考慮すると複雑になるので、最低限、運気が希薄になり邪気が入ることに気を付けることから始めれば、わかりやすいでしょう。またもし分岐点に地蔵や馬頭観音が合った場合、その供養や手入れも、大切な要素に加えられます。一目でわかるY字路の土地。できたら購入したり住むことは、避けたいのですが、住んでしまったら、家族の不幸が訪れる前に対策したいものです。Y字路はその角度がどの程度から、Y字と呼べるかと言うと、90度以上であれば、その影響はかなり薄れると言われています。逆に90度以内で鋭くなればなるほど影響は大きくなるのが特徴とされます。Y字路の土地は、形状の一番の特徴である鋭角部の対策が重要と言えます。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)