風水で幸せになろう家を建てる

風水で幸せになろう家を建てる

間取りを考える

家を建てる時に間取りを考えると思います。
こんな部屋にしたいあんな部屋にしたいなどと考え楽しいですよね。
どのように考えていますか?
ただ好きなように考えていると良い運気が入ってこなくなってしまったり、良くないことが起こってしまったりします。
間取りが決まった物を買うのではなく、間取りも最初から考えられるので、これから家を建てられると言うのは1番いい事です。

ではどのような間取りがいいのかを見ていきましょう。

間取りに風水を取り入れる

・玄関、門
家の顔である玄関は重要な場所です。いい方向なのは「東」と「東南」です。
やめた方がいい方向は、「南」「西」「南西」です。トラブルを家庭の中に入れてしまいます。
門を作る場合には、玄関の正面に作ることはやめましょう。

・トイレ、お風呂
基本的に悪い方向はありません。ですが、廊下の突当りや玄関の上、正面は避けましょう。

・台所
台所の良く立つのはたいてい女性ではないでしょうか。そんな良く立つ人にとって台所は重要な場所です。
「東」「東南」がいい方向ですが、どうしてもこの位置には置けないと言うことであれば、「北西」がいいです。
玄関、トイレ、お風呂のそれぞれの部屋のドアが見える位置は避けましょう。

・リビング、ダイニング
リビング、ダイニングには悪い場所はないと言われますが、特にいい場所は「東」「東南」です。
多くの場合、台所とつながっていたり、隣ではないでしょうか。

・寝室
夫婦の部屋は「北西」がいいですが、商売をしている人は「東」「東南」がいいです。

・子供部屋
「南西」「南」がいいです。
勉強を考えた時には「北」がいいです。
活発さを考えた時には「東」「東南」がいいです。
子供部屋を車の入れる場所の上に作るのは避けましょう。

・仏壇、神棚
「北」「北西」に置き、「東」「南」に向けるといいです。
裏側が外を向く方がいいですが、トイレが後ろにならないようにしましょう。

・階段
「北」「西」は避けましょう。

・吹き抜け
広く見える吹き抜けを作りたいと思うかもしれません。ですが、方向によっては作らない方がいい家もあります。
「東」「東南」であれば良い方向です。

最後に

風水のいい方向にいい部屋を置くことはいいことですが、自分の好きな間取りでなくなってしまうとせっかくの新しい家が住みにくくなってしまいます。
ある程度は取り入れるといいですが、考えすぎないようにしましょう。
どの方向に合ってもある程度は家具など置くものを考えれば運気は上がることもあります。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)