風水における紺色(ネイビー)が持っている効力

風水における紺色(ネイビー)が持っている効力

風水における紺色(ネイビー)の意味

風水では紺色(ネイビー)などの濃い青色とパステルのように淡い青色は全く異なる意味合いを持っています。紺色など濃い青色は黒色に近い色で、風水では黒と同じ意味合いを持っています。黒には「鎮静・静寂」といった意味合いを持っており、堅実で信頼を獲得しやすく、お金が出ていかないために貯金することができるとされています。反対にパステルの様に淡い色は人の気持ちや心を明るくするといった効果を有しています。

衝動買いを防ぐことができる

本当に必要なものかどうかを考えず、一時の気分や好奇心・雰囲気に任せてなんでも購入してしまう人はいくらお金を有していても貯金することはできません。そのように衝動買いしてしまう人にとって紺色の財布はとても相性が良いです。紺色の財布には浄化作用があるとされており、堅実なお金の使い方ができるようになるとされています。堅実なお金の使い方を行うことによって、衝動買いを防ぎ、無駄な出費を抑えることが可能になります。将来のことを考え、物を買うときにそれが本当に必要かどうかを見極めることができるのでやりくり上手になることができます。

判断力を高めることができる

仕事において判断力は必要不可欠です。判断力がなければ失敗してしまう可能性が跳ね上がります。反対に判断力を有していれば仕事も成功するようになります。また仕事では思いも寄らないハプニングが付き物です。そのような時に何が起こっても物事を冷静に判断して解決へと向かわせることが必要です。紺色にはこのような判断力を上昇させる力を持っています。紺色には何事に対しても冷静に判断して、正しい方向に導くことができるとされているからです。また冷静に物事を判断できる社員は上司から注目されます。上司から信頼を得ることができれば、大きなプロジェクトや仕事を任され、昇進も期待できます。唐突なハプニングが起こった場合、すぐに気が動転してしまう人や周りから認められるためにも冷静な判断力を身に付けたい人は紺色のものを身につけるようにしましょう。

黒色を取り入れすぎると運気が下がることもある

これまで紺色についてご紹介してきました。風水では紺色は黒色と同じ効力を有しているため関連しています。この2つには「水」の気が含まれています。この水の気は、適切な量であれば問題ないのですが取り入れすぎると運気の低下に繋がってしまいます。財布も黒色・紺色といった水の気が含まれているものを所有する場合、他の物は別の色合いのものを選ぶようにしましょう。あまりにも水の気が多いとお金が流れ出してしまうとされているからです。お金が貯まることは良いことですが、入ってくるお金が流れ出してしまっては意味がありません。そのため、財布はお金を貯金するという意味で黒色・紺色のものを使う場合、服やカバンは黒色・紺色とは違う色にして水の気を多くしすぎないようにしましょう。おすすめの色としては「木」の気を有している緑色です。水と木の気は相性が良いとされています。この2つが合わさることによって人は飛躍的に成長できるとされています。水の気を過剰に取り入れないためにも服やカバンの色は水の気と相性が良い緑色等を選ぶようにしましょう。

風水  風水