風水的青色について

風水的青色について

風水的青色の説明

青色は風水的には不思議な色とされており、青色にはいくつか区分があり、明るめの青は五行で言う「水の気」「幸せの青い鳥」「自由」を象徴し気持ちをはつらつとさせてくれます。

濃い目の青(紺色など)は五行で言う「木の気」を象徴し仕事運を強力にサポートします。
赤の勢いのあるやる気とは違い、静かで流れるようなやる気を促してくれます。

明るい青は柔らかい印象、濃い青は固くしっかりとした印象を表します。
また「クール」「冷静」と水が持つ冷たさや流動性を表す色からあるように判断力に対する色となります。

風水的青色にはどんな効果があるの?

「仕事運」「勝負運」「冷静」「精神安定」「食欲減退」の効果があります。
ストレスを和らげ、穏やかな気持ちで物事に取り組んいけるように促し、ダイエットをするときに、部屋に青いインテリアを増やすと効果が出やすい色で全体的に言うのであれば、リラックス効果があります。

ビジネスシーンの様々な所で青色を取り入れるといいでしょう。
客観的で、知的に見せることが出来、どんな仕事をするにおいても安定感と冷静さを欠かず、才能を高め、良い情報を運んでくるという効果があり、。企業サイトなどに総じて青が使われることが多いのは、意識・無意識にかかわらずそういった意識が働くからです。

風水的青色と相性の良い方角と色と物

風水的青色と相性がいい方角は・・・北・東
明るい青が表す方角は北で水のもつ清潔なイメージや信頼から恋愛運アップも期待できます。
またみずみずしい印象が肌のハリをアップさせる効果もあります。

濃い青が表す方角は東でダイエットや勝負運、仕事運の場合、東の方角に青色の物を配置すれば、更に青の効果を得ることが出来ます。仕事運の場合はインテリアよりもステーショナリーグッズを取り入れると良いでしょう。
インテリアは南の方角や鬼門(北東)にきれいな青色を置くことも効果的だそうです。

相性の良い物・・・インテリア・服・観葉植物
「人は着ている服から運気を吸収する」と言われており、ツイてないと感じた時に服に少し取り入れることで幸運を分けて貰う形で小さな幸運が続きます。
観葉植物は水が植物を育てるように、五行でいう「木」の気を育てることで仕事運UPにつなげてくれます。
インテリアは数が増えれば増えるほど仕事運を上げて、クッションや布団は睡眠を促します。

相性の良い色・・・緑色・赤色・桃色
緑は金運と健康にも効果があり、仕事の成功率を上げます。
赤やピンクなどの暖色系のカラーと合わせると、恋愛運や家庭運に恵まれます。
濃い青色が赤やピンクと合わせると恋愛運や家庭運に効果があります。

風水的青色のデメリット

あまり青を多用し過ぎると「冷たそうな人」と思われてしまうこともあり、「ブルーになる」という表現やブルーフィルムのように、ネガティブ印象に対して使われたりもする正反対な側面を持っています。
また、仕事は出来ますが、性格的には自己中心的なところがあり、マネージメントやリーダーとしては能力を発揮できないことがあるようです。

財布に用いると「散財」の効果があるので使うことをさけましょう。

まとめ

濃さによっても意味が違い、風水では不思議な色とされており、二面性がある色とされています。
「クール」「冷静」「知的」「幸せの青い鳥」というイメージがある裏で、「冷めやすい人」「自己中」というイメージがあります。
仕事運が上がりますが、大勢で仕事をする場合は青色を使うことをさけ、創作活動や、事務仕事など一人で作業する時間が多い仕事において青色の物を用いるといいでしょう。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)