風水的紫色について

風水的紫色について

風水的紫色の説明

紫色は、「妖艶」「神秘的」「高貴」「個性」をイメージさせる心理的効果があります。
五行表現では「火の気」を持っていますが、火の気を強く持つ赤とは違ってより洗練された「印象」や「運気」を持っています。

また、「心と体の回復」を促したり、「催眠効果」を持つ色ともなっています。

風水的紫色にはどんな効果があるの?

高貴・神秘・妖艶を司り、感受性を豊かにする効果を持っています。
また、極めて高いスピリチュアル性を持っている色ですので、神秘性やを感じさせる効果があるようです。
さらに、ヒーリング効果もあるため、集中力を高めたり心身を回復することができます。

視覚的には、エレガントなイメージを感じますよね。
紫は個性的な雰囲気を醸し出してくれるので、この色を使うとファッションをおしゃれに決めることができます。

恋愛においても、紫のエレガントさが効果を発揮します。
その理由として紫には性的なものを感じさせたる情熱的な効果があり、グラマラスな大人の女性が身につけることが多いです。
大人な雰囲気を醸し出したい時は、紫のアイテムをうまく利用しましょう。

風水的紫色と相性の良い方角と色と物

風水的紫色と相性がいい方角は・・・南・南西・西方位
赤と同じ「火の気」を持つので、南が一番相性の良い方角になります。
赤を情熱や感性を刺激するならば、紫は知性や芸術、感性を研ぎ澄ませるいろとされます。
美を磨きたいのであれば、南側に紫色のインテリアを取り入れましょう。

相性の良い物・・・ラベンダー色の自然素材のファブリックス
火の気を持っているので、気の気を持つ自然素材を使ったファブリックス取り入れましょう。
部屋を高貴な雰囲気にしたいのであれば、紫を取り入れると部屋全体の印象を格上げしてくれるハズです。

相性の良い色・・・緑・黒
緑→火の気である「紫」は悪い気を燃やす方位の色なので、火を燃やすために必要な木の気である「緑」はとても相性が良いと言えます。
また、緑の中でも「深緑」を組み合わせると金運をあげる効果も期待できるようです。

黒色→紫色と黒色の組み合わせをすると大人の魅力や恋愛運をアップすることができます。
ただし、紫を多く取り入れすぎると近寄りがたい高貴なイメージになってしまうので、黒をベースにすると良い効果を得られるでしょう。

風水的紫色のデメリット

まず、良い意味でも悪い意味でも欲が強いイメージを持っています。
欲求不満といった性的なものを感じさせるので、使い過ぎに気を付けなければなりません。
ファッションだけでなく、インテリアに用いる時も、使い方には注意してください。

また、精神の不安定さや現実逃避といった負のイメージや、こだわりの強さや協調性のなさから人間関係に悪くするようなイメージも持っています。
悪い意味で個性的に見られてしまう可能性もあるので、他の色とうまく組み合わせてメリットを発揮できるようにしましょう。

まとめ

「感受性を豊かにしたい!」「創造力を促進させたい!」等インスピレーションを高めたい時や、
「大人らしさ・高貴さを出したい!」という時は紫のエレガントさを上手く使ってみましょう。

個性的な色である分使い方がとても難しい色ですが、紫の分量を間違えなければ有効活量することができます。

ひとつ注意点があるのですが、紫色一色のコーディネートをしないようにしてください。
近寄りがたいイメージが強くなってしまいますから、あくまでサブカラーとして取り入れましょう。
女性なら、バッグやパンプスといった小物を合わせてみましょう。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)