風水的茶色について

風水的茶色について

風水的茶色の説明

茶色といえば、「土」をイメージを持つ人が多いと思います。
風水でも、茶色は土や自然を意味し、五行表現では「土の気」「大地」を象徴すると言われています。
また、何かを生み出したり、安定感をもたらす効果のある色ともなっています。

風水的茶色にはどんな効果があるの?

自然や大地を司っており、安定感や生命力を上昇させる効果があります。
リラックスしたい時、安心感を与えたい時、そしてぬくもりを感じさせたい時にこの色を使えば、緊張を緩和させることができます。

視覚的に、地味な色と思われがちですが、逆に言うと相手を配慮した優れた色と言えます。
どのカラーとも相性良く組み合わせることができるので、様々な幸運を呼び込むことも可能です。
また、茶色はお肌のコンディションを整える効果もありますから、魅力的に見せる効果も期待できますよ。

茶色は「運気を育む色」なので、恋愛運や友情運に限らず、家庭運・仕事運・健康運・金運を発揮することもできます。
それぞれの運が持つカラーと組み合わせて、運気をアップさせましょう。
恋愛運の場合は、金色やピンクと合わせると良いです。

風水的茶色と相性の良い方角と色と物

風水的茶色と相性がいい方角は・・・北東・南西・南・南東
土の気を持つ南西が一番相性が良い方角で、大地や畑を象徴しています。
安定感や家庭円満などをもたらす効果があり、全てにおいての土台を作る色とされています。

相性の良い物・・・木を使ったアイテム
自然や大地をイメージする色ですから、気の素材や木目調のアイテムを取り入れましょう。
家具を取り入れる場合は、背の低い家具を、そして和風やアジアンスタイルのものを使うと運を向上することができますよ。

相性の良い色・・・黄色・金色
黄色→茶色は黄色と組み合わせると金運をあげる効果があります。
土の奥深くから金属や鉱物が生み出されるように、金運においても、土の中から金運を掘り当てるという意味合いがあるようです。

金色→金色とブラウンを組み合わせると恋愛運がアップします。
どちらも多用しすぎるとけばくなったり地味になったりしますので、バランスに気を付けましょう。
髪飾りやアクセサリー小物だと、茶色と金色組み合わさったものが多いですから、上手く取り入れることができると思います。

風水的茶色のデメリット

やはり、地味なイメージを与えてしまうのが最大のデメリットでしょう。
使い方を間違ってしまうと、お年寄りのような頑固な雰囲気が出てしまう可能性があります。
マイナスイメージが出ないように使い過ぎに気を付けると、全体との調和がとれると思います。
相性の良い金色や黄色以外に、様々な色と相性良く組み合わせられますから、デメリットもうまくコントロールできるでしょう。

まとめ

「落ち着いた雰囲気を出したい!」「リラックスしたい!」といった安らぎの効果を発揮したい時や、
「物事を安定させたい!」という力強さを表現したいときは茶色をうまく使ってみてください。

使い方を間違えると地味になってしまうデメリットもありますが、色の組み合わせ方でおしゃれに決めることができますよ。
アイテムとして、バッグや革靴といった足元に近い小物をワンポイントとして取り入れると土台を固める、安定させる効果を得られると思います。

家具に茶色を置くときの注意点として、背の高いものに茶色を使わないように注意してください。
茶色も南西の方角も大地という最も低い位置を表すいろですので、インテリアとしてはできるだけ低い家具を取り入れるようにしましょう。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)