風水インテリアで運気UP!風鈴編

風水インテリアで運気UP!風鈴編

一度は耳にしたことのある《風鈴》の音は、清涼効果がありとても心地良い音色ですね。風水では、人が心地よく感じることが一番大切だと思われています。そんなことから風鈴などリラックス作用をもたらしてくれるアイテムはとても良い運気を運んでくれると言われています。この夏は風鈴を風水インテリアとして取り入れてみませんか?

風鈴の由来は?!

風鈴は中国が起源とされ、古代は気にぶら下げて風の向きや音のなり方で、どの方角が吉なのか凶なのかなどを占風鐸という方法で決めていたことが始まりとされています。日本に伝わった時には、癒しというよりも鬼門に吊り下げると厄払いできるということから取り入れる家庭も多かったのだそう。そんなことから、風水でも良い気を運んでくれると注目のアイテムとなったようですね。

風鈴がもたらすリラックス効果とは?!

風水では人が心地よいと思うことが大切とされているため、風鈴がもたらすリラックス効果について調べてみました。

・風によって音を奏でる風鈴は小川のせせらぎや小鳥のさえずりと同じ高周波音を出すと言われており、脳内にβエンドルフィンやセレトニンなどのホルモンの分泌をさせ、リラックス効果があるという報告があります

・風鈴の音色を聞くと《涼しい》と感じることがありますよね。そのことにより脳が錯覚を起こし、体感温度が下がるという調査結果もあるそうです。

 風水では風鈴はどんな効果があるの?!

風鈴は古くから、癒しの効果以外にも、風水では《邪気払い》にも良いとされています。チリーンという音色は心地よい清涼効果、リラックス効果のみならず、邪気を払う、気を鎮める効果があると考えられています。

風鈴はどこに飾ると効果的?!

風水では、音が鳴るものは風の入り口に飾るとよいとされています。東や南東の窓辺が一番良いとされています。この方位は音が鳴るものとの相性が良く発展するという意味もあるそうです。また、自分の本命卦の方向の凶方位に吊るすことで悪い気を穏やかにしてくれる効果があるともいわ、れています。また、部屋の中でも気の流れがないどんよりとした場所や、よどんでいると感じる場所、暗いイメージの場所にも効果的だとされています。また玄関に吊る場合は開閉のたびに音が鳴り良い気が入り込むようにドアに吊るのがいいようです。一方で、風鈴は部屋の中に飾るより、窓やドアに吊るし、悪い気を浄化して良い気を取り入れられるようにすることが大切だともいわれています。

風水的にはどんな風鈴が良いの?!

風水では風鈴は金属製のものが良いとされています。《金》は五黄やニ黒などの悪い気を解消させてくれるパワーを持つので邪気払いに良いとされています。また、木製の風鈴なら《木》の気なので相性の良い《水》の気を持つ水槽などと相性が良いとされています。また、ガラスやクリスタル性のものもたくさんの良い光を取り入れてくれるので良いと言われています。

風鈴で清涼効果、リラックス効果とともに幸運も取り入れましょう!

風鈴は心地よい音色で、清涼効果とリラックス効果をもたらしてくれます。風水的には邪気を払って幸せな気を取り込んでくれます。爽やかな音色とともに良い気をたくさん取り入れて心地よい空間にしましょうね。

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)