風水インテリアで運気アップ!ココナッツ編

風水インテリアで運気アップ!ココナッツ編

ココナッツといえば南国、きれいな海や空を想像するだけで心地よい気分になりますよね!そんなココナッツを風水インテリアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?南国が好きな方だけでなく、きっと心地よい空間を作ることができるでしょう!今回はココナッツについてお話ししたいと思います。

ココナッツってどんな植物?!

ココナッツはいわゆる《ヤシの実》と言われるヤシに実る植物です。果実は繊維質の柄に包まれており、未熟果は触感の良さから生食としても好まれ、液状胚乳をココナッツジュースとして引用されています。成熟果は胚乳を削り取り乾燥させたものはコプラと呼ばれ、ヤシ油の原料として使われています。洋菓子などの材料とされているココナッツはコプラを細かくおろしたもので、甘みをつけて使用されます。また、胚乳やコプラを水にしたし揉みだしたものはココナッツミルクと呼ばれ世界中で好まれています。また固い外皮はコイアと呼ばれる天然繊維が得られることからロープやマットなどに加工されています。そして殻はそのころんとした可愛さから食器や工芸品として愛用されています。このようにココナッツは世界中で重宝されています。

風水的なココナッツはどんな役割?!

旅に出かけるときれいだった景色や美味しかった食べ物など良い記憶が残ります。そして、それらのものから気が付かないうちにパワーをもらっているのです。長旅で体は疲れても、心は良い気をたくさんもらってくるのでリフレッシュすることができるのです。そして、南国の太陽は陽の気をたくさん放ちてくれることで南国へ行くと元気が出る方も多いことでしょう。また陽の気をたくさんくれる南国の灼熱の太陽のもと育った植物たちは、触れたり見たりするだけでほかの植物よりも強くあたたかいパワーを人に与えてくれるのです。ココナッツも例外ではなく、海に照り返す太陽の光と、海からの風をたっぷりと浴び、育ったことでかなりのパワーを持つ植物だと考えられています。また、ココナッツの花言葉は《勝利》で風水的には金運、子宝運、勝負運アップをもたらしてくれると言われています。そんなココナッツを風水インテリアとして取り入れてみませんか?

風水インテリアとしてココナッツを取り入れる方法は?!

ココナッツと言えばヤシの木ですが、風水的に良いからと言って、庭に植えればいい!というものではありません。なぜなら、日本の気候ではヤシの木の種類にもよりますが耐寒性のないものが多いため、ヤシの木特有の立派で優雅な見栄えを維持することは大変難しいと思われます。ヤシの木の特性は新しい葉が生えるとともに、古い枯れた葉は下に垂れ下がってきます。放置しておくととても見苦しい状態になってしまいます。ココナッツの実が育ってくれることはなかなかないでしょう。そうなってしまうと開運どころか清潔感のないお庭になってしまいます。また、たとえ上手に育てたとしても気が強すぎてしまう場合もあるため、お庭に植えるのは控えましょう!

では、観葉植物で育てるのはどうでしょうか?ココヤシは小さくて家でも育てやすそう!とお思いでしょうが、温度管理が難しいため、こちらもおすすめできません。

ココナッツを風水インテリアとして取り入れるなら、お香やアロマ、絵画、工芸品などがおすすめです。部屋を浄化して、陽の気を放ちてくれるのでどの部屋にもおすすめです。

南国果実ココナッツで心地よい空間作りしてみませんか?

ハワイや沖縄に行くととても心地よい空気を感じられた方も多いことでしょう。それは陽の気をたくさん持つ植物たちのおかげなのです。風水インテリアに取り入れて心地よい空間作り目指してみませんか?

風水  風水

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA