合わせ鏡に注意!風水の重要アイテム鏡について

合わせ鏡に注意!風水の重要アイテム鏡について

風水での合わせ鏡の効果とは

まず、風水では鏡というものは気をつけるものとして扱っています。
なぜなら、気を吸う効果や、気を反射してしまう効果があるからです。本来の気の流れを歪ませてしまうのです。もちろん、使い方によっては運気工場に大切なアイテムなので、慎重に扱うようにします。
1つの鏡だけでも、取り扱いが難しいと考えられているので、合わせ鏡ならばより難しくなります。
鏡に、自分が長く映っていると自分の運気を吸ってしまうと言われています。合わせ鏡は、自分自身が何人も映りこんでしまうため、自分の気を吸われてしまうので、極力注意してください。
また、家には合わせ鏡が無いと思っている人も、鏡と鏡が向かい合っていると、結果的に合わせ鏡になってしまっていることがあります。鏡は、一部屋に一つ、もしくは、姿見の鏡があれば、布をかけておくか、もう一つの鏡は折りたたんでしまえるものなどを選ぶと良いでしょう。

合わせ鏡以外の鏡でNGなこと

・玄関正面に鏡を置いている
これは、良い運気を跳ね返してしまう方です。
玄関は良い運気の入り口になるところです。その運気を門前払いしてしまうのはよくありません。玄関正面の鏡は、全体運をも下げてしまう原因となるので注意しましょう。出来れば、入って右側に置くのがベストです。
玄関が一番ですが、その他の部屋も、入って正面に鏡を置くのはやめてください。
また、正面ではないからといって、左右どちらにも鏡をおくのは、もちろんNGです。

・鏡にパソコンの画面などが映っている
これも、実は合わせ鏡と同様の効果が発揮されてしまうのです。
反射して顔など見れてしまうものは、パソコンの画面に限らずすべて注意しましょう。
位置をずらしておくか、布などを被せておきましょう。

・鏡が汚れている
汚れは、日常生活ではもちろん、風水ではNGなものとされています。
鏡が汚れていては、良い気が入らないのはもちろん、悪い気を呼んでくる力もあります。せっかく開運のために行っていることも、逆効果になってしまいます。
鏡は、パワーを良くも悪くも持ちやすいものなので、こまめに掃除をしてあげましょう。

・寝室に鏡を置いている
効果の部分で書いたように、長時間自分を移していると、鏡の中の自分も、良い運気を吸収してしまうと考えられています。
これは、ぬいぐるみや写真などが映っていてもあまり良くないので、基本的に寝室に鏡を置くのは避けましょう。どうしても置く場所が無い場合は、閉まっておける鏡を用意するか、布をかけておきましょう。

鏡の形別の効果

鏡の形によって、また効果も変わってくるので、欲しい効果によって、鏡を選びましょう。
フレームは、プラスチックでなく、金属製のもの(大理石などでも可)だと効果が出やすくなります。

・平面鏡
気を跳ね返す効果のあるといわれているものです。
よく使われているのがこの形です。

・正方形
現状を維持させるのにおすすめです。
幸せな家庭を持っている方、仕事が順調な方にぴったりの鏡です。

・八角形
風水で特におすすめしている形です。
風水で、「8」という数字は縁起が良く、八方へ広がると言われています。

・円
人間関係を円滑にするのにおすすめされています。
きちんと磨いておくと、さらに良い縁にも恵まれるでしょう。

風水  風水